So-net無料ブログ作成
検索選択

『ピエロがお前を嘲笑う』のあらすじ・結末(ネタバレ)と感想 [サスペンス]

ピエロがお前を嘲笑う.jpg


1つ目の記事ですが、2015年9月に日本でも公開された映画ピエロがお前を嘲笑う』を紹介します。


この映画は昨年2014年にドイツで制作されましたが、公開と同時に大ヒットを記録したそうですね。


ドイツアカデミー賞では6部門にノミネートされ、ここ10年間でもっともヒットしたドイツ映画です。

この『ピエロがお前を嘲笑う』のジャンルはいわゆる"マインド・ファック・ムービー"

"マインドファック・ムービー"とは、観客の脳を混乱させるようなストーリー展開で

最後まで結末を予想することができない”大どんでん返し”が待っている映画のこと

公開以降、世界的にも大きな話題となり、すでにハリウッドリメイクが決定しているそうですね。


今回は映画『ピエロがお前を嘲笑う』のあらすじ・結末(ネタバレ)と感想などを

書いていきたいと思います。




スポンサーリンク







ストーリー・あらすじ

本作は主人公のベンジャミン(トム・シリング)が

警察に出頭して取調室で女捜査官から取り調べを受けているところから始まります。


ハッカーのベンジャミンはハッカー集団「CLAY」のメンバーで、

ハッキング事件を次々と起こしてドイツ中を震え上がらせた天才ハッカー。


そして、彼のハッキングによって

殺人事件まで引き起こしてしまい、
事件への関与を疑われて国際指名手配されていた。

その悪名だかき天才ハッカーが
なぜ突然自ら警察に出頭してきたのか?



彼の自白によると・・・


ベンジャミンは子供のころからヒーローになりたかった。

そして14歳のときにハッキングに目覚め、”MRX”という伝説のハッカーに憧れ、

いつか彼のような”ヒーロー”になりたいと願うようになる


それから数年後・・・、

ベンジャミンは大学に進学するが
学友からいじめられる冴えない大学生活を送っていた。

バイト先のピザ屋でも同僚から馬鹿にされ、好意を寄せている女性マリー(ハンナー・ヘルツシュプルンク)に

話しかけることもアプローチすることもできない。

誰にも相手にされず、気に留められることもない、さびしい学生生活を過ごすベンジャミン

「こんなはずではなかった・・・」

むなしい叫びだけが彼の心に去来する


ある日、試験対策に悩むマリーの力になろうと

マリーのために試験問題を
盗み出そうとするベンジャミンだったが

警備員にバレてあえなく捕まってしまう・・・


ベンジャミンは前科がないことから

実刑は免除される代わりに、
50日間の社会奉仕活動を命じられた。


その奉仕活動中、

ベンジャミンはマックス(エリアス・ムバレク)という男と知り合う

この出会いがベンジャミンの人生を大きく変える事になる。

ベンジャミンは自分とは違い、
自信をもって生き生きとしているマックスに自分にはないものを見出した。

2人は共通の趣味であるハッキングで意気投合。


この時、野心家であったマックスは、

ベンジャミンにハッカーとして天才的な資質があることを見抜き、

他の2人のハッカー仲間を集めマックスをリーダーとした過激なハッカー集団“CLAY(クレイ)”を結成。


このハッカー集団“CLAY(クレイ)”は
ベンジャミンの天才的なハッキング技術を中心に

ドイツ国内の金融業界の管理システムなどに次々とハッキングを仕掛けて、

厳重なセキュリティの元に管理されている情報をいとも簡単に盗む


ハッカー集団“CLAY(クレイ)”の存在はニュースでも取り上げられ、またたく間に世間の”注目”を集まることになった。


どんどん有名になっていく”CLAY(クレイ)”。


数々のハッキングに成功した“CLAY(クレイ)”は、今度はライバルのハッカー集団を挑発しその正体を暴いてみせるなどして、

ライバルたちにもその存在感をアピールするが、

ベンジャミンの憧れである存在”MRX"は彼ら”CLAY(クレイ)”をコケにしてバカにする。

憤慨したマックスは”MRX"を見返すべく

ついにドイツ国内で最も高度なセキュリティを誇るドイツ連邦情報局のハッキングに成功する。


ハッカーとしてこの上ない”成果”に完全に有頂天になっていたベンジャミンたち


ベンジャミンは”MRX”に認めてもらいたいと”MRX”にひそかにコンタクトを取る。


ところが、思いもよらぬことが・・・

なんと、ベンジャミンが仕掛けた不用意なハッキングがキッカケで『殺人事件』が発生してしまったのだ。

自分のハッキングによって人が死ぬとは・・・


衝撃の事実に狼狽するベンジャミン


一方、”MRX”はベンジャミンの情報をロシアのサイバーマフィアに売り、

”MRX”の巧妙な策略によって“CLAY(クレイ)”が事件に関与しているように警察に思わせることに成功する。

そして、ついに“CLAY(クレイ)”に欧州国際警察であるユーロポールの捜査が入ることになる。


そのような中、

ベンジャミン以外の“CLAY(クレイ)”の

マックスを含めたメンバー全員が何者かによって殺害された・・・

命の危険を感じて追い詰められたベンジャミンは、自ら警察に出頭することを決意する。


そして、ベンジャミンは自供の中で

自身の人生を語り、


誰にも相手にされない透明人間のようなむなしい人生だったこと

そんな自身がハッカー集団を結成して、難易度の高いハッキングに次々と成功したことで世間から注目を浴び人生が180度変わったこと。

そして有頂天になった自分は政界、金融業界、連邦情報局などに次々とターゲットを変えハッキングしまくったこと。

最初はお遊びのつもりだったが、まさか自分が盗んだ情報が元で人が死ぬ事件が起こるなんて思いもよらなかったこと

しかも今度は、仲間が何者かに殺され、自身の命も何者かに狙われていることを

女捜査官に切々と語る。


女捜査官は、自白を基にベンジャミンの身辺を調査を開始

しかしどうもベンジャミンの自白はつじつまが合わない。

捜査すればするほど、次々と不可解な事ばかりが発見される。


ベンジャミンの自白に翻弄される女捜査官。

果たしてどこからどこまでが真実なのか。

ベンジャミンの真の狙いは一体なんなのか?

そもそも
ベンジャミンとは一体何者なのか?




スポンサーリンク




結末(ネタバレ注意)

まだ『ピエロがお前を嘲笑う』を観ていない人は

ゼッタイにこれ以降を見ないでください!


本作の結末は、

『殺人事件』は”MRX”によって巧妙に仕組まれた罠であり、

最終的にはベンジャミンが”MRX”逮捕に協力したことで

ベンジャミンは警察から無事解放されます。


そのなか、

女捜査官はベンジャミンの不可解の様子から

実はベンジャミンがいわゆる『多重人格』で、“CLAY(クレイ)”と称するハッカー集団や、

マックス・その仲間もすべて

実はベンジャミンの1人の多重人格によって形成されていた架空の存在だったことを見抜きます。


ベンジャミンに同情する女捜査官


その後、別件で法廷から
ベンジャミンへの出頭命令がきますが、

ベンジャミンの境遇に同情した女捜査官はベンジャミンを逃がしてしまいます。


ところが・・・

実はこの『多重人格』自体、
ベンジャミンの巧妙なトリックによって

女捜査官にそう思わせたウソであり、

“CLAY(クレイ)”も本当に存在しており、

ベンジャミンは計画通りに、
無事逃げおおせることができたというオチです。



感想

本作『ピエロがお前を嘲笑う』は

全編にトリックが仕掛けられています。


ドイツ製のサイバースリラー?とでもいうのでしょうか?


『マインド・ファック・ムービー』というくらいなので

最後の最後まで観客が予想もしない展開になります。


ただ、正直この手のサスペンス映画を見慣れた人であれば

「ある程度」最後のオチはだいたい予想は付きます。


ですが、映画としては例えオチがわかっても

とても楽しめる内容だと思いますよ。


まるでデビッド・フィンチャーの映画のようなクールな映像美

そして、テクノ?音楽というのでしょうか?

サウンドもとてもかっこいい


ハリウッドでもリメイクとありますが、

はたして本作以上の出来は期待できるでしょうか。






スポンサーリンク







おすすめ記事
・『パラノーマル・アクティビティ5』あらすじ(ネタバレ・結末)と感想
・映画『シークレット・アイズ』のあらすじ(ネタバレ・結末)と感想
・『エクス・マキナ(2015)』あらすじ・ストーリー(ネタバレ結末)と感想
・映画『ラザロ・エフェクト』のあらすじ(ネタバレ・結末)と感想
・映画『ヴィクトリア(2015)』のあらすじ(ネタバレ・結末)と感想
・『獣は月夜に夢を見る』のあらすじ(ネタバレ・結末)や感想
・『心霊ドクターと消された記憶』のあらすじ(ネタバレ・結末)や感想

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。